駒生園について


それぞれの自立に向けて、社会生活力を高めます

コンピュータ実習風景
 障害者総合支援法に基づく指定障害者支援施設です。
 通所又は入所により、「生活能力」と「社会性」の向上を図り、さまざまな形での社会参加を支援しています。

    お風呂介助の様子

  1. 対象者
    (1)自立訓練(機能訓練)
     脳血管疾患、脳性麻痺、外傷等により、手足や体幹等の機能に障害のある18歳以上の身体障害者

    (2)自立訓練(生活訓練)
     高次脳機能障害のある18歳以上の方

  2. 屋外活動の様子

  3. 定員
    (1)自立訓練(機能訓練)30人
       
    (2)自立訓練(生活訓練)10人
    (3)施設入所支援    30人
    (4)短期入所       4人



  4. 調理実習の様子

  5. 期間
    (1)自立訓練(機能訓練)18ヶ月以内
       
    (2)自立訓練(生活訓練)24ヶ月以内



(Q) 駒生園を利用したいのですが、どのような手続きが必要ですか?
(A) お住まいの市町から、サービス内容に応じた「障害福祉サービス受給者証」の交付を受けてください。
 駒生園との間で、利用期間、サービス内容等を協議し、契約を結んでいただきます。


(Q) 訓練内容を教えてください。
(A) 機能訓練は、ADL訓練、公共交通機関利用訓練、外出訓練、買い物訓練、調理実習、パソコン操作などの訓練の ほか、創作活動、レクリエーション、スポーツ活動、教養活動等を通して、日常生活能力の維持、向上を目指します。
  生活訓練は、機能訓練の他に、メモリーノートの活用やガーデニング等の実施により、記憶の代償手段の獲得や作業耐 久性の向上を図ります。
ページのトップへ戻る